スポンサーリンク


エンタメ

森崎ウィンはスピルバーグが認めた世界を股にかける俳優!

森崎ウィンさんをご存知ですか?あの世界の巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が認めた、世界を股にかける俳優なんです。

そんな世界に通用する若手俳優の森崎ウィンさんについて調べました。

森崎ウィンはスピルバーグが認めた俳優

森崎ウィンのプロフィール

名前 :  森崎ウィン (もりさきうぃん)
生年月日: 1990年8月20日 (29歳)
血液型 : O型
身長  : 174cm
出身地 : ミャンマー
生年月日:1990年8月20日
血液型: O型
趣味:  飛行機、ギター、ピアノ
特技:  殺陣、ビリヤード

ミャンマー(旧ビルマ)で生まれ育ち。小学4年のとき、日本語がほとんどわからないまま日本に移住します。

現在でもミャンマー語、英語、日本語を話せるトリリンガルである。

発音もネイティブレベルでなまりもなく、非常にききやすい

中学2年生のときにスカウトされ、PrizmaXでの音楽活動と俳優業を同時期に始める。

出典元:Wikipedia

2012年、尾崎豊追悼映画『シェリー』で初めての主演。

『闇金ウシジマくん』などの映画にも出演。

テレビドラマでも「ごくせん」や「仮面ライダーW」などに出演し、

日本だけでなくミャンマーでも、ドラマやCMに出演しています。

2016年6月、スティーヴン・スピルバーグ監督の新作

『レディ・プレイヤー1』(2018年3月公開)で

主要キャストに抜擢され、ハリウッドデビューを果たす。

音楽活動を行いながら、テレビドラマや舞台に映画の主役、ラジオ番組のメインパーソナリティーもこなすマルチアクター。

出典元:Wikipedia

森崎ウィンの私生活


多彩な活躍で忙しい森崎ウィン私生活についての取材において次のように答えています。

私生活はいかがでしょうか?の質問に

プライベートの面は相変わらず地味で、何も変わらずです

外を歩いていても、誰にも声をかけられないですし(笑)

本当にそういうことがなくて、たまに寂しくなったりします。

「結構出てるのにな」とか思いながら……

まあ、それはいいんですけど(笑)。

そういうこともあって、ハリウッド映画に出たからといって、浮ついた気持ちにはなっていないです。

出典:イープラス・メディアスパイス

ハリウッド映画に出演してからも、アメリカならすぐにパパラッチに遭遇しそうですが、

ここ日本では意外にも変装もせず、街中に出てもバレないそうで、

みなさんも、森崎ウィンさんと、どこかで、すれ違っているかもしれませんね。

森崎ウィンをスピルバーグが認めた理由

過去10年間のスピルバーグ監督作品史上NO.1 のヒットを記録し、日本でも25億円を超える興行収入を上げた。

ハリウッド大作『レディ・プレイヤー1』の出演を、なんと森崎ウィンさんは、

オーディションで勝ち取っています。

オーディションが行われたのは2015年のことで、日本で撮影したビデオ審査を合格し渡米します

ロサンゼルスでの本線では、実際にスピルバーグ監督も立ち会い、演技の最終オーディションを受け合格しますが

最終選考会まで勝ち残ったアジア人の中に、日本の有名俳優も数名残っていたそうです。

そんな厳しい選考会の場で、スピルバーグ監督が求めたのは、敬愛してやまない

日本の俳優・三船敏郎をイメージした”侍”像に一番近い俳優・森崎ウィンさんでした。

メインキャラクターのひとりとして選ばれ。

スピルバーグ監督に「日本で1番」と言わしめた若手俳優なんです。

スポンサーリンク

森崎ウィンは世界を股にかける俳優

スピルバーグ監督に、また一緒に仕事をやろうと言われる程の森崎ウィンさんですが、

日本アメリカだけでなく、生まれ故郷のミャンマー(旧ビルマ)でも大変な人気者で、

日本・ミャンマー合作ドラマCMのため、何度も行き来してアメリカアジア圏『世界を股にかけて』仕事をしています。

森崎ウィンにネットの声

アメリカハリウッド日本ミャンマーと『世界を股にかけて活躍する森崎ウィン』さん。

プライベートは、自由に満喫しながらも

様々な活動をこなし続けている彼の新作が待ち遠しいですね。

再度出演の約束をしたスピルバーグ監督作品の中で

日本人俳優を代表した、素晴しい演技を期待しています。

RELATED POST