スポンサーリンク


エンタメ

フォークダンスde成子坂が2人とも亡くなっていた・死因や時期はいつ?

2020年2月27日の報道で、元「フォークダンスDE成子坂」の桶田敬太郎(おけだ・けいたろう)さんが、昨年11月23日に亡くなっていたことが分かりました。

相方の村田渚(むらたなぎさ)さんは35歳の若さで2006年にお亡くなりになっていましたが今回の桶田さんの訃報記事で、はじめてお二人共亡くなった事を知った人も多く、お二人の死因や時期はいつだったのでしょうか。

「フォークダンスde成子坂」とは

メンバー :桶田敬太郎と村田渚
別名: フォーク、成子坂
結成年 :1989年
解散年:2000年
事務所: ホリプロ
活動時期 :1989年 – 1999年12月31日
出身: 関町立関中学校出身
出会い: 中学校の同級生
芸種: コント、漫才
ネタ作成者: 両者
過去の代表番組 :GAHAHAキング 、ボキャブラ天国、爆笑オンエアバトルなど

『フォークダンスde成子坂』は、村田渚さんと桶田敬太郎さんで構成されたコンビで

当時の人気番組だった『ボキャブラ天国』にレギュラー出演して、ネプチューンや爆笑問題と同じくらいの人気芸人でした。

2人は、三重県の関中学校の同級生でその頃からコンビを組み

高校3年の夏に、「若手の無名芸人たちのドキュメント番組」を観て、自分たちのほうが面白いと本格的に芸人を目指し

1994年には、爆笑問題に次ぐ、「GAHAHAキング」10週勝ち抜き2代目チャンピオンに。その後、『ボキャブラ天国』にレギュラー出演。

1999年12月末日に解散しています。

スポンサーリンク

「フォークダンスde成子坂」の村田渚さんが亡くなっていた・死因や時期はいつ?

フォークダンスDE成子坂のツッコミとして、多くの芸人たちから一目置かれていた村田さんは、『ボキャブラ天国』の終了後、

コンビを解散し、芸人として活動を続けるも、再びお笑い界で輝くことがないまま2006年11月11日に、くも膜下出血で35歳で亡くなっています。

スポンサーリンク

「フォークダンスde成子坂」の桶田敬太郎さんが亡くなっていた・死因や時期はいつ?

2020年2月27日の報道で元フォークダンスDE成子坂の桶田敬太郎さんが、昨年11月23日に亡くなっていたことがわかりました。

桶田敬太郎さんが取締役を務めていた芸能・制作プロダクションの「MR」ホームページに掲載された訃報の全文は次の通りです。

「弊社取締役 桶田敬太郎は、広く創作活動に勤しんで参りましたが、昨年11月23日に病により永眠いたしました。

なお、葬儀と七七日法要は故人の遺志により近親者のみで相済ませました。また、お別れの会などの予定はございません。ここに故人が生前中賜りましたご厚誼に心より御礼申し上げます」

出典元:MRホームページ

葬儀・告別式、七七日法要は桶田敬太郎さんの遺志により、近親者のみで済ませたという。

お別れの会なども予定されていないそうで、詳細な死因などは公表されていませんでした。

スポンサーリンク

「フォークダンスDE成子坂」のお2人の訃報にネットの声!

RELATED POST