スポンサーリンク


NEWS

日本の首都東京や全国でロックダウン(都市封鎖)あるのか?海外のロックダウン(都市封鎖)状況は?

アメリカやイギリスでロックダウン(都市封鎖)が行われていますが、日本でも首都東京や大阪、名古屋、福岡など大都市はもちろん、その他全国各地でもその可能性はあるのでしょうか?ロックダウン(都市封鎖)になると生活はどうなるのか?海外のロックダウン(都市封鎖)状況は?

日本の首都東京や全国でロックダウン(都市封鎖)はあるのか?

日本でロックダウン(都市封鎖)はあるのか?内閣官房の発言!

新型コロナウイルスの感染拡大に対する国や自治体の対応は様々だ。中国では武漢市を中心とした湖北省、イタリアでは北部ロンバルディア州で、地域の交通網を断つ「事実上の封鎖」措置が取られている。

一方、日本では政府や自治体が移動や外出、イベント開催などへの自粛要請はあっても、都市や地域の封鎖措置は取られていない。

都市の封鎖は大げさな措置にみえる。その効果を懐疑的にみる向きもある。ただ、将来に致死率が高い感染症が海外から持ち込まれる可能性も否定できない。

最悪のシナリオを想定した場合、日本は都市や地域に対して封鎖措置を取れるのか。内閣官房で国際感染症対策調整室企画官を務める野田博之氏に聞いた。

出典元:日経ビジネス

 

自治体を事実上封鎖する措置を取る国があります。日本でもできるのでしょうか。

交通の制限は可能です。感染症法の第33条に規定されています。「一類感染症」のまん延を防ぐために緊急の必要があると認める場合に限られますが、交通を制限、あるいは遮断できます。

エボラ出血熱やクリミア・コンゴ出血熱、ペストなどの一類感染症に指定されたものだけですと、今回のような新しい感染症では難しいのでしょうか。

新型コロナウイルスは2月1日に「指定感染症」とされています。一類感染症ではありませんが、当該の指定感染症を含むよう改正すれば対応は可能です。

交通封鎖をするとしたら、それを指示するのは政府なのでしょうか。それとも自治体の首長による発令なのかを教えてください。また封鎖の範囲などはどの単位となるのでしょう。

都道府県知事になります。どの地域になるのかは知事の判断によりますが、患者のいる場所や病原体に汚染されたとおぼしき地域の交通を制限・遮断することができます。ただし、72時間以内という時間の制限があります。人権上の問題もあるので。

72時間! 武漢市は1カ月以上事実上の封鎖状態ですが、日本では3日間が限界なのですね。中国では警察などが交通制限していますが、日本では誰が担うのでしょうか。

感染症法は1999年に施行されましたが、交通制限の措置を取ったケースはまだありません。なので、誰が担うのかは正式に決まっているものではないと思いますが、都道府県や保健所の職員になるのではないかと思います。

出典元:日経ビジネス

スポンサーリンク

日本の首都・東京都知事が3月25日に異例のお願い



新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都の小池百合子知事は25日夜に緊急記者会見を開き、「オーバーシュートが懸念される重要な局面だ。平日は職種にもよるが仕事はできるだけ自宅で、夜間外出も控えてほしい。また、今週末は急がない外出はぜひとも控えてほしい」と呼びかけた。

また、小池都知事は1日に発表する感染者の数としては最多の41人が新たに感染したことに触れ、「“ノー3密”(換気の悪い密閉空間、多くの人の密集する場所、近距離での密接な会話)を要請。オーバーシュートを防ぐためには都民のみなさんの協力が不可欠。意識を持って行動するようお願いする」と訴、28日に後楽園ホールで開催が予定されていたK-1についても、実行委員会から無観客試合で実施する旨の連絡があったことも明かした。

厚生労働省は23日、現状の対策のままでは来月8日までに東京都の感染者が530人程度増える可能性があると試算しており、小池都知事も24日には「いわゆるロックダウン(都市の封鎖)など、強力な措置を取らざるを得ない状況が出てくる可能性がある」と懸念を示していた。(ANNニュース)

出典:Abema TIMES

スポンサーリンク

日本の首都東京や全国のロックダウン(都市封鎖)でどうなる?新型インフルエンザの時の文書から考察

新型インフルエンザの地域封じ込めについて(案)
1.地域封じ込め戦略の目的と成功のための条件
① 地域封じ込めの目的は、新型インフルエンザ発生初期における早期対応により、感染拡大を可能な限り防止し、パンデミックの発生を少しでも遅らせることにある。
② 人口密度が低く、交通量の少ない地域、離島・山間地域など自然障壁等により交通遮断が比較的容易な地域で新型インフルエンザが発生し、一定の条件を満たす場合には、抗インフルエンザウイルス薬の予防投与に加え、現実的に実行可能な封じ込め対策を講じることとする。
2.地域封じ込め戦略実施の手順
① 新型インフルエンザが発生した場合、厚生労働省は、国立感染症研究所職員を当該地域に派遣し、都道府県又は政令市・保健所設置市(以下「都道府県等」という。)に対する技術的支援を行う。
3.地域封じ込め戦略の概要
① 地域封じ込めのための手段としては、実行可能性等に鑑み、強制的な措置ではなく、住民等
への要請・説得により行うこととし、以下の措置を講ずることを検討する。
a.住民全体に対する外出自粛の要請と生活の支援
b.地域内外の移動の自粛の要請
c.地域外に出ようとする者に対する積極的疫学調査
4.地域封じ込めにおける関係者の役割
○ 地域封じ込め戦略については、都道府県知事等が当該地域を含む市町村その他の関係者の協力を得て実施することが必要と考えられ、国はこれに対する支援を行うものとする。
スポンサーリンク

日本以外・海外のロックダウン(都市封鎖)状況


スポンサーリンク

イギリスのロックダウン(都市封鎖)状況

スポンサーリンク

アメリカのロックダウン(都市封鎖)状況

南アフリカのロックダウン(都市封鎖)状況

スポンサーリンク

イタリアのロックダウン(都市封鎖)状況

スペインのロックダウン(都市封鎖)状況

フランスのロックダウン(都市封鎖)状況

ニュージーランドのロックダウン(都市封鎖)状況

インドのロックダウン(都市封鎖)状況

 

RELATED POST