スポンサーリンク


スポーツ

渋野日向子が歯痛の原因はお菓子?本当の理由は?大会を欠場の可能性も調査!

賞金女王を狙う渋野日向子プロが歯痛と高熱で急遽、札幌市内の病院で診察。

単なる虫歯や親知らず痛ではなかった、本当の病状は?

8月29日~9月1日に北海道(小樽)で繰り広げられる2019ニトリレディスゴルフトーナメント大会賞金総額1億円)は欠場するのか?など彼女の状況を調べてみました。

渋野日向子が歯痛から高熱へ症状悪化

世界的には無名の選手が、あのAIG全英女子オープンで海外メジャーを制覇したスマイルシンデレラの渋野日向子プロ。

凱旋後は北海道meijiカップ(13位タイ)、NEC軽井沢(3位タイ)に出場後は、地元の岡山でソフトボールの練習に参加したり、かき氷を食べたりと、しばしのリフレッシュ。

「しっかり寝てぐーたらしていました。

この生活、ずっと続けていたいな」

と1週間のお休みを振り返っていました。

さて、今週8月29日(金)~9月1日(日)に北海道(小樽)で繰り広げられる2019ニトリレディスゴルフトーナメント賞金総額1億円

に出場予定で8月25日(日)から北海道入りをしていた渋野日向子プロ、26日(月)朝から上野菜々子、西畑萌香とアウトコースをラウンドするも。

実は岡山に帰郷していた4日前から歯痛を訴えていて

4日前から(右の)歯が痛くて…。

なぞの痛みで激痛。ご飯は食べられるけど、歯を食いしばれない

食いしばれないぶんアイアンショットも飛ばない感じ。

と2番、8番では第2打のアイアンショットをグリーン手前の池に2発ずつ入れ

前屈みになれないほどの歯痛で

「原因不明。早く治さないと」

と練習後は札幌市内の病院に向かいました。

関係者によると、病院でレントゲンなど診察を受け、宿舎に戻るも高熱は続き症状悪化。

スポンサーリンク

渋野日向子が歯痛の原因にネットの声

確かに歯を食いしばる必要があるスポーツにはマウスピースが有効ですね。

ネット上では、渋野日向子プロのもぐもぐタイムのお菓子による虫歯説を意識した意見がありましたが、本当の病状はどうだったのでしょうか。

札幌市内の病院で、診察結果が出た模様です。

スポンサーリンク

渋野日向子が歯痛の本当の理由

診察の結果、虫歯や親知らずからくる歯痛でなく。

医師から急性副鼻腔炎からの痛みという診断を受けました。

主に細菌ウイルス感染原因で起こる病気だそうです。

右頬付近内部に膿がたまっていることも判明しました。

急性副鼻腔炎は初期の段階では症状を自覚することが難しく、痛みが出てきて診察に行く方がほとんど。

治療法としては、抗生物質の服用膿の吸引などの治療法があるが、症状によっては治療が長引く可能性もある病気なので心配ですね。

渋野日向子プロは27日(火)朝に38度5分の熱があるにも関わらず、どうしてもコースを見ときたくて午前8時ごろに会場入りしましたが、

よほどしんどかったのか、パッティング練習だけにとどめ、渋野日向子プロは

午前8時33分にスタート予定だった練習ラウンドキャンセルして。

再び診察を受けるため9時に小樽CCを出て、札幌市内の病院に向かいました。

診断結果を知る関係者によると、渋野日向子プロの症状はそれほど重いものではないそうで

膿を抜きとる手術は行わず、高熱のため点滴の処置と抗生物質の投与による治療をしています。

渋野日向子が歯痛で大会欠場の可能性は


27日(火)昼過ぎに病院から戻って来た渋野日向子プロ。

同行していた関係者の話では、この日は高熱のため点滴の処置と抗生物質の投与による治療をしたので医師から、一日安静を求められているそうで

27日(火)午後6時30分から小樽市内で開催される前夜祭は欠席するそうです。

翌28日(水)のプロアマ戦と29(木)からの大会本戦は出場を予定しています。

とりあえず大会欠場の可能性が下がりました。

このまま症状が悪化せずに、賞金女王に近づくためにも

8月29日(金)~9月1日(日)に繰り広げられる2019ニトリレディスゴルフトーナメント賞金総額1億円)。

是非とも出場してもらいたいですね。