スポンサーリンク


エンタメ

新撰組リアンが10周年を記念ライブで復活!チケット発売情報!

2009年に日本テレビの人気バラエティー番組『人生が変わる1分間の深いイイ話』の企画から誕生した“平成の新選組”こと「新選組リアン」が解散から5年を経て 一夜限りの復活を果たすことが19日にわかり話題になっています。

解散から5年もたったのですね。

新撰組リアン島田伸介さんがプロデュースをし現役大学生イケメンアイドル5人組として人気を博しましたね。

復活の日”は解散から5年経た2019年10月14日でデビュー10周年を記念した1夜限りの復活ライブ『令和男道』を東京・山野ホールで開催するとのことです。

チケット発売情報も後ほど記載します。

復活が楽しみですね。

今回は新撰組リアンの復活についてまとめていきます。

平成の新撰組 リアン

関西在住の男子大学生2518人からオーディションで選ばれた5人が京都を盛り上げるという使命を持って誕生した新選組リアンは 10月14日に新撰組の“鬼の副長”と恐れられた土方歳三の生き様をつづったデビュー曲「男道」でオリコン初登場3位を記録し、一躍トップアイドルへと躍進を果たしました。

その後、テレビや舞台などを中心にさまざまな場面で活躍していくも 2014年に解散しメンバー5人はそれぞれの道を進むこととなりました。

新撰組だったメンバーの森公平さんは現在 歌手・タレントとして 國定拓弥さんは現在はhiroyaという芸名で歌手として 関義哉さんは歌手・ダンサー・タレントとして 榊原徹士さんは歌手・俳優・ファッションモデルとして 山口純さんは歌手・タレント・ファッションモデルとして活動しており 全員芸能活動を行っているようですね。

復活を前に森公平さんは「皆さんで10月14日は楽しみましょう!」と呼びかけ 榊原さんは「全員20代だったメンバーが今や全員30代になりました。知ってくれてる人も知らなかった人も沢山の人達と当時を振り返りながら思い出になるライブをします。ファミリアン集合!」とメッセージを送りました。

全員30代になり深みをました新撰組リアン、どのようなパフォーマンスをするのか注目ですね。

スポンサーリンク

新撰組リアンのメンバーからコメント

 

以下メンバーからのコメント全文となります。

森公平さん(よしもと所属)
デビューして10年解散してそれぞれの道歩みましたがこの5人がこの日だけ再結成します。皆さんと一緒にあの頃の思い出を振り返れたらいいなと思いますので是非! 皆さんで10月14日は楽しみましょう!

榊原徹士さん(よしもと所属)
お久しぶりです。5年前、新選組リアンは解散しました。解散した場所にて、10周年記念ライブを行います。全員20代だったメンバーが今や全員30代になりました。知ってくれてる人も知らなかった人も沢山の人達と当時を振り返りながら思い出になるライブをします。ファミリアン集合!

関義哉さん(グッドバイン所属)
今回で最後かもしれない5人が揃うステージ。新選組リアンに繋がって下さっている皆さんに感謝の気持ちと5人が揃う幸せでいっぱいです。皆さんに楽しんで頂けるLIVEにする事はもちろん、5年ぶりに5人の声が重なり楽曲が蘇る。その空間・音を僕自身、噛みしめながら歌い、シェアできればと思います。一生忘れない1日にします!

山口純さん(インフィニア株式会社所属)
2014年10月解散したあの日から一人一人のレールを走っていますが、メンバー&ファンの皆様との絆は当時から変わっていないと思います!2009年6月25日の結成から一度でも応援してくださった全ての方に感謝しています!10周年イベント、是非遊びに来て欲しいと思います! あの頃の楽しい気持ちを一緒に思い出そう!

國定拓弥さん(インフィニア株式会社提携)
10周年記念イベントが開催できるということでとても嬉しいです!久々のライブなんで緊張しますが、、、昔のようにみんなで楽しめる一日になればいいなと思ってます! 10.14がみんなの心の思い出になりますように!

スポンサーリンク

新撰組リアン復活にネットの反応

ツイッターでは新撰組リアンの復活を楽しみにする声があがっていました。

一日だけと言わず ずっと活動してしてほしいという声も見られました。

スポンサーリンク

新選組リアン チケット発売情報

 

デビュー10周年記念1日限定復活ライブ 「令和男道」開演:13:30~ (開場 13:00~)山野ホール・代々木 (東京都)

チケット発売:イープラス

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 新撰組リアンが一夜限りの復活ライブ。
  • 復活ライブ『令和男道』は10月14日に東京・山野ホールで開催。

新撰組リアンがまさかの復活ライブはうれしいですね。

メンバーそれぞれ今は別の事務所に所属し違う道を生きていますがステージ上で当時と同じメンバーのパフォーマンスをみれるのは楽しみですね。

平成から令和へと時代も変わりどのようなパフォーマンスの変化を見せてくれるのか期待が高まります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

RELATED POST