スポンサーリンク


エンタメ

坂口杏里のインスタグラム・流血した指(画像)が2度目の逮捕事件を語る!

坂口杏里容疑者(28)が28日(水)、住居侵入の疑いで逮捕。彼女自身がインスタグラムに投稿した後に削除された「流血した指」(画像あり)が2度目の逮捕事件の真相を語ってくれます。

坂口杏里が2度めの逮捕事件


坂口杏里容疑者は、2017年4月に知人のホストを恐喝し現金3万円を脅し取ろうとした恐喝未遂で1度逮捕され、その後不起訴処分になった事件の反省もなく、

今回再び同じホストの男性に迷惑をかけてしまいました。

今回の逮捕容疑は27日午前8時35分~午前9時15分ごろ、東京都中野区に住む30代の飲食店従業員の男性のマンションに侵入した疑いです。

スポンサーリンク

坂口杏里の「流血した指」画像が事件を語る


坂口杏里さんは2019年2月19日に、ドアに指をはさんで右手の薬指と小指の骨を折り、手術と入院が必要な状態になっているとInstagramで報告していました。

のちに彼女は、「ホストクラブで手を踏まれる暴行を受けた」と説明を変えています。

それから半年後、またしても指を負傷して自身の8月27日のインスタに投稿(現在は削除されています)。

今回の投稿写真(インスタグラムから削除された指の画像はこちら)には、こう説明されています。

「元カレにタクシー代を返してと言って部屋の前まで行ったらドアに指を挟まれました」

「私が悪いと言われたのですがタクシー代返して頂くことは何も悪くないので、とりあえず痛かったのと血まみれにされてしまいました」

その負傷した理由が、今回2度めの逮捕となる証拠でした。

逮捕容疑は、27日午前8時35分~同9時15分ごろ、中野区内の元交際相手の飲食店従業員の男性のマンション内に侵入。

警察の発表によると、坂口杏里容疑者は飲食店従業員男性となっていますが、彼女が通っているホストクラブのお気に入りの男性(以前も事件になった元カレ)のことで、2人でアフター後の朝帰り

タクシーでマンションの近くまで同乗したものの、先に降りた男性の後を追って勝手にマンションに侵入し部屋の前まで行ったが、男性に部屋に入ることを拒まれ追い返されました。

その時、ドアに挟まれて怪我をした「流血した指の画像」を彼女自身のインスタグラムに投稿(現在は削除されています)。

インスタグラムから削除された画像はこちら

その後、逆ギレした坂口杏里容疑者は「部屋のドアで手を挟まれた」と110番。

中野署が事情を聴き、悪いのは坂口杏里容疑者のほうだと建造物侵入容疑が浮上し翌28(水)に逮捕されてしまいました。

坂口容疑者は現在取り調べに対して

「逮捕された理由は理解できるが、納得できない」

「タクシー代を返してもらおうと思った」

と供述しているそうです。

スポンサーリンク

RELATED POST