スポンサーリンク


NEWS

大阪のどこ?新型肺炎コロナ感染バスガイドの病院や行動歴が判明!

新型肺炎・新型コロナウイルスへの感染が確認された大阪市内の40代女性バスガイドについて、大阪府の吉村洋文知事が30日に公表したことにより、大阪府内での大まかな行動歴として、大阪のどこの地域を訪れていたか移動経路が判明しました。

新型肺炎コロナウイルス感染バスガイド

中国・湖北省武漢市からのツアー客を乗せたバスにガイドとして乗車した大阪に住む40代の女性が、29日、新型のコロナウイルスに感染していることが確認されました。
女性は28日感染が確認された奈良県の男性運転手と同じバスに乗っていました。
国内で感染が確認されたのは8人目です。

概要
(1)年代: 40代
(2)性別: 女性
(3)居住地: 大阪府
(4)症状、経過:
1月20日 発熱し東京都内の医療機関を受診し、経過観察。
1月21日 発熱が持続するため、東京都内の別の医療機関を受診し、胸部レントゲン写真で異常がなく経過観察。
1月22日 大阪府で医療機関を受診し、経過観察。
1月23日 症状改善なく保健所に相談し大阪府の医療機関を受診。発熱、呼吸器症状および、胸部CT画像で肺炎の所見があり入院となった。
1月29日 症状は咳のみとなり改善した。現在経過観察のため入院中。
(5)行動歴:
1月12日から17日まで中国武漢市からのツアー客の乗るバス(国内6例目と同じバス)にガイドとして乗った。1月17日夕方から1月22日まで、中国河南省からの別のツアー客の乗るバスにガイドとして乗った。1月20日の医療機関受診時から仕事中であってもマスクを着用していた。

出典元:厚労省HP

 

スポンサーリンク

大阪のどこ?新型肺炎コロナウイルス感染バスガイドの行動歴

大阪のどこ?大阪府知事が感染バスガイドの行動歴を公表


大阪府の吉村洋文知事の英断は素晴らしいですね!
大阪市民の健康・生命を守るべく個人の人権に配慮しながら接触の可能性があるかないかが分かるだけでもどれだけ国民は安心できるのかがよく分かっていますね。

大阪府知事くらい安倍政権化の日本政府が、先手先手で情報公開してくれれば国内での感染の拡大・パンデミックの恐怖が最小限に抑えられるはずです、

人権がどうのこうので公表しないで逃げるのではなく

一刻も早く政府が方向転換することを願うばかりです。

スポンサーリンク

大阪のどこ?感染バスガイドの行動歴

大阪在住バスガイドの移動経路 としていつ頃、大阪のどこを訪れていたのでしょうか?

【ガイド女性の感染経過】
厚生労働省や大阪府によりますと、感染が確認された女性は今月中旬、すでに感染が確認されている奈良県の男性が運転する観光バスに乗車し中国・武漢から来たツアー客のガイドを務めていました。

ツアーは今月12日から17日にかけて成田空港から関西空港まで移動していました。

バスの運転手は14日に悪寒とせきの症状を訴え、さらに16日に奈良公園に立ち寄ったあと、体調不良を理由にツアーから離脱し、別の運転手に交代したということです。

ツアー中、ガイドの女性の体調に異常はありませんでしたが、19日に鼻水、20日に発熱が見られます。

このとき、女性はツアーが終了した17日の夕方から中国・河南省からの別のツアーに乗務していました。

20日と21日、都内の医療機関を受診しながら乗務を続けましたが、体調がすぐれず、22日、ツアーの途中でガイドを交代したということです。

女性はその日のうちに新幹線で新大阪まで戻り、地下鉄を使って大阪市内の医療機関を受診したあと、大阪市内の自宅に帰ったということです。

症状が改善しなかったため、23日、大阪市保健所に連絡。

受診した市内の別の医療機関で肺炎の兆候が見られたことから入院して検査を受けたところ、29日夜、新型のコロナウイルスに感染していたことが確認されました。

女性はこの1か月間、海外に渡航しておらず、大阪府などは中国・武漢からの客を乗せたバスツアー中に、感染した可能性が高いとみています。

出典元:NHK NEWS WEB

 

大阪府知事は

女性が乗務したバスツアーの日程について、今月12日から14日にかけては大阪府外にいて、15日には大阪市内の沿岸部「ベイエリア」と呼ばれる地域を観光し、16日には府外と府内にいて、府内では、大阪城心斎橋を観光し、17日に関西空港に移動したことを明らかにしました。

東京・大阪間は新幹線ですのでJR新大阪駅

ツアーガイド中のベイエリア大阪城心斎橋関西空港・新幹線で東京から大阪へ・体調不良で地下鉄を利用し病院へ 運転手・ガイドだけではなくバスの乗客も多数感染している可能性があります。

広範囲でウイルスが拡散された可能性も否定できませんね!

入院先の病院や移動した地下鉄の路線は何線だったのでしょう?

スポンサーリンク

大阪のどこ?感染バスガイドの入院先病院

医療機関には、エボラ出血熱などの感染症を扱う「第1種」、SARSなどの感染症を扱う「第2種」、今回の新型肺炎コロナウィルスなどの未知の感染症も扱える「特定」という3種類があります。

この3種類の「大阪府内の感染症指定医療機関」が下の表の6病院です。

大阪府内の感染症指定医療機関

・市立豊中病院(豊中市)
・市立ひらかた病院(枚方市)
・大阪市立総合医療センター(大阪市)
・堺市立総合医療センター(堺市)
・大阪はびきの医療センター(羽曳野市)
・りんくう総合医療センター(泉佐野市)

報道による情報では

大阪府などは、新型コロナウイルスに感染した奈良県に住むバス運転手と同じバスに乗っていたガイドの女性が、大阪市内の病院に入院している

ことが明らかになっています。

大阪市内の感染症指定医療機関となると、「大阪市立総合医療センター」だけですからこちらの病院の可能性が高まりますね。

ネットの声でもこちらの病院ではないかの声がありますね。

スポンサーリンク

(最寄り駅からの案内)
Osaka Metro(谷町線)都島駅 2番出口から西へ徒歩3分
JR西日本(大阪環状線)桜ノ宮駅 東出口から北へ徒歩7分

地下鉄谷町線の都島駅からが一番近いですね。

大阪のどこ?新型肺炎コロナウイルス感染バスガイドの行動歴が判明にネットの声!


とにかく人混みではマスクを使用するのが良いと思います。

大阪も人口密集地域でマスクの確保がなかなかできないのが心配です。

RELATED POST