スポンサーリンク


エンタメ

『凪のお暇』(なぎのおいとま)特別試写会・舞台挨拶で空気を読む!

女優の黒木華さん、高橋一生、中村倫也が15日、都内で行われた19日スタートのTBS系連続ドラマ『凪のお暇』(毎週金曜 後10:00)の特別試写会・舞台あいさつに出席し話題になっています。

『凪のお暇』は、月刊誌『Eleganceイブ』で連載中のコナリミサト先生による人気漫画を実写化したもので

「節約が趣味の28歳OLの主人公・大島凪は、常に空気を読んで周囲に合わせて目立たず謙虚に振る舞い くせ毛を時間をかけてストレートに整えるなど女子力の高い自分を作り上げていた。

しかし ある日、凪を蔑む同僚たちの陰口を知り さらに隠れて交際している慎二が性行為目当ての旨を彼の同僚らに話しているのを目撃してしまい過呼吸で倒れれてしまう。

以後 会社を辞め 家財を処分し都心から郊外へ転居 全ての人間関係を断ち切った凪は、ゼロから新しい生活を始める」という人生リセットストーリーになっているそうです。

変化が怖くて一歩が踏み出せなかったりや空気を読みすぎて自分の意見がはっきりいえないという方は多いのではないでしょうか?

葛藤しながらも一歩を踏み出す主人公 凪の姿に、共感の声が続出しているのも頷けますね。

舞台あいさつではそんな主人公 大島凪役を演じる黒木華さんが 主人公と共通する部分を語ったそうです。

今回は『凪のお暇』実写ドラマ化についてまとめていきます。

スポンサーリンク

空気を読む主人公 大島凪と黒木華さんの共通点

凪のお暇』の主人公は天然パーマがコンプレックスの28歳OLで空気を読みすぎてしまう性格とのことで黒木さんは 役に似ている部分を聞かれて

「通じる部分…なにかありますか私?」と共演者の高橋一生さんと中村倫也さんに逆質問、3人で考えていると黒木さんは「あ、私も天パーなんですよ、元々。」

「こんな感じではないですが、そういう細かい部分は通じているかなと思います」と明かしました。

黒木さんが天然パーマというのはすこし意外ですね。

空気を読みすぎてしまう“というテーマにちなみ、「誰が1番空気を読まないか」を選ぶ場面では、満場一致で中村さんに決定し 高橋さんが「倫也くん自分でおっしゃってたので。

しゃべりすぎて、どんどんみんなが離れてくって」と説明すると

中村さんは「そんな反応も好きなんです」と会場を沸かせました。

中村さんは空気を読まないことすら楽しんでいるようですね。

同作の宣伝大使に就任したIKKOさんが拍手に出迎えられながら登場し「空気読まないじゃなくて空気読みすぎ~!そんな気持ちにお暇~!」と笑いを誘いました。

続けてIKKOさんは「私でよかったら、盛り上げだけは上手ですからね。1話も観させていただいたんです。メイクしながらね」と話していました。

たしかにIKKOさんが登場するだけで会場の空気は一変するほどに盛り上がりますね。

黒木さんは「メイク時間にそこまで深く観てくださって。心強いです」と笑ったそうです。

そんなドラマ『凪のお暇』はTBS系にて7月19日から毎週金曜22時放送 初回は15分拡大版とのことです。

スポンサーリンク

ネットの反応で空気を読む

ツイッターではさまざまな声があがっていました。

 

放送前から期待する声が多数見られました。

スポンサーリンク

空気を読む『凪のお暇』(なぎのおいとま)まとめ

  • 女優の黒木華さんが15日都内で行われたドラマ『凪のお暇』(TBS系/金曜22時放送)の記者会見に、共演の高橋一生さん中村倫也さんと共に出席。
  • 宣伝大使にはIKKOさんが就任「そんな気持ちにお暇~!」と会場沸かす。

会社や学校で さらにはプライベートなどさまざまな場面でつい空気を読んでしまう人にぜひ見てほしい

凪のお暇』は葛藤しながらも一歩を踏み出す彼女の姿に共感することでしょう。

ドラマ版ではどのように描かれているのか注目が集まりそうですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

RELATED POST