スポンサーリンク


エンタメ

丹生明里&河田陽菜【日向坂46】がフロントポジションと話題に!

日刊スポーツの人気企画「坂道の火曜日」の今週分には、日向坂46の丹生明里さん(18)と河田陽菜さん(17)の2期生コンビが登場するとして話題になっています。

日向坂46は2019年2月11日までけやき坂46名義で活動していたグループです。

2人はセカンドシングル「ドレミソラシド」(7月17日発売)で、初めてフロントポジションを務めておりセンター小坂菜緒さん(16)の両脇を固めていますね。

シングルやグループ、ファンへの思いなどを、3週にわたって掲載する予定だそうです。

今回は日向坂46の丹生明里さんと河田陽菜さんについてまとめていきます。

注目の2期生コンビ

2人のプロフィールを間単にまとめてみました。

丹生明里(にぶ・あかり)

2001年2月15日 埼玉県生まれ156センチ

AB型

17年8月 日向坂46前身のけやき坂46(ひらがなけやき)に2期生として加入。

愛称「丹生ちゃん」

河田陽菜(かわた・ひな)

2001年7月23日 山口生まれ

153センチ

B型

17年8月、日向坂46前身のけやき坂46(ひらがなけやき)に2期生として加入

愛称「ひな」「KAWADAさん」

同い年の2期同期メンバーの中でも最も注目を集めている二人ですね。

2人そろって初のフロント入りを果たし 緊張の選抜発表を振り返り 丹生さんは「最初に全員選抜だと聞いて、3列目、2列目と発表が終わって。必然的に自分が1列目だとなった時点で、まさかという感じで、もう頭の中が真っ白でした」と明かしました。

続いて河田さんも「どんどん緊張感が増していって、『次呼ばれる、呼ばれる』と。まさか自分がフロントだとは思わなかったので…」と話しました。

2人とも「最初は不安でした」というが先輩や同期から励まされたそうで 河田さんは「(加藤)史帆さんが『隣だから一緒に頑張ろうね』って言ってくださって。不安で泣いていたら、なっちょさん(潮紗理菜)が『陽菜ちゃんならできるよ』って励ましてくれて、すごくかっこよく立ち去った後ろ姿をよく覚えています」と感謝の気持ちを語りました。

丹生さんも「私も隣の(齊藤)京子さんが励ましてくれて、近くにいた金村美玖、宮田愛萌さんも『おめでとう』って言ってくれて。井口眞緒さんも『にぶ!! ちゃん!! おめで!! とー!!』って、いつものテンションで」とにこやかに明かしました。

フロント入りをメンバーたちに祝福されたようですね。

日向坂46初の夏シングルについて丹生さんは「乃木坂さんの『ガールズルール』とか欅坂さんの『世界には愛しかない』『危なっかしい計画』みたいに、日向坂の夏といえば! みたいな楽曲になれば」と願いを語りました。

河田さんは「歌詞もストレートで日向坂にマッチしている夏曲。ありがたいことに、デビュー曲の『キュン』もたくさんの方に聴いていただけたので、さらに上回る曲にしたいです」と力を込め、丹生さんも「『キュン』よりもっとたくさんの方の手元に届けられるように頑張ります!」と意気込んでいたそうです。

日向坂46初の夏シングルはどのように仕上がっているのか夏の楽しみが一つ増えましたね。

スポンサーリンク

2期生コンビにネットの反応

ツイッターではさまざまな声があがっていました。

2人の人気が急上昇中ですね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 日刊スポーツの「坂道の火曜日」に「ドレミソラシド」で、初めてフロントポジションを務める日向坂46の丹生明里さんと河田陽菜さんが登場。
  • シングルやグループ、ファンへの思いなど語る

初のフロントポジションを務め一気に注目が集まった丹生明里さんと河田陽菜さん、これから2人の活躍に期待が高まりますね。

デビュー曲『キュン』のようにたくさんの方の手元に届くといいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

RELATED POST