スポンサーリンク


エンタメ

【青汁王子】三崎優太が焼き鳥屋からホストに!愛本店の場所や源氏名は?(画像あり)

【青汁王子】三崎優太さん、焼き鳥修行から職業をホストに!「愛本店」の場所や源氏名は?画像で検証しながら、ホストを選んだ経緯も調べてみました。

約1億8000万円の脱税で、2019年2月法人税法違反で逮捕、3月に起訴された

「メディアハーツ(現ファビウス)」元社長の【青汁王子】こと三崎優太さんが

8/19(月)、東京・歌舞伎町の「愛本店」でホストデビューを果たしました。

追記:「愛本店」のホスト「三崎愛汁」こと、三崎優太さんでしたが、8/25(日)に「愛本店」を辞めてしまいました。残念です。

【青汁王子】三崎優太のプロフィール

【名前】三崎優太(みさきゆうた)

【生年月日】1989年3月29日

【身長】181cm

【出身】北海道

【学歴】クラーク記念国際高等学校

【職歴】18歳で株式会社メディアハーツ
(現ファビウス株式会社)創業「すっきりフルーツ青汁」で大成功するも
脱税の罪に問われ社長を辞め、焼き鳥屋でのアルバイトを経てホストに転身

三崎優太さんは高校中退後、なんと18歳で会社を起業しました。

当時まだあまりメジャーでなかったアフィリエイト事業で成功し仮想通貨でも資金を増やし

2014年に美容通販事業を開始すると、「すっきりフルーツ青汁」が大ヒットします。

20代で年商130億円、年収12億円の「青汁王子」として多数のメディアに出演するようになりました。

しかし、今年2月に1億8000万円の脱税で逮捕・起訴。会社として脱税分はすぐ納めたものの、社長を辞めざるを得なくなり、個人への支払い義務として約4億円が残ったといいます

裁判では検察側から懲役2年を求刑(弁護側は執行猶予を求める)され、来る9月5日の判決公判を待つ身です。

無職で多額の借金を背負い、次に彼が選んだ仕事は飲食店で働きたいと、自分が一度行ったことがある焼き鳥屋のアルバイトでした。

スポンサーリンク

【青汁王子】三崎優太 アルバイトの焼き鳥店をクビになる

その世話になっていた焼き鳥屋とトラブルになりクビになったことを、

メディアや自身のTwitterに動画でUPしていました。

「焼き鳥店はクビになりました。営業中に動画を撮っていたら、お客さんに迷惑がかかるからと自宅謹慎になったんです。

抗議したところ、けんかになってそのままクビに。僕、社長しかやったことがないから、居場所がなくなりました」
出典:東スポweb

スポンサーリンク

【青汁王子】三崎優太 ホストに転職

焼き鳥屋のトラブルでクビになったその頃、歌舞伎町の老舗ホストクラブ「愛本店」から声をかけられたそうです。

8月17日に面接を受け、本採用が決定。

「ホストはぶっちゃけ嫌いなんです。でも、なったからにはナンバーワンになって借金、すべて返します。」

そんな、意気込みを語り新たな彼のビジネスがホスト。

スポンサーリンク

【青汁王子】三崎優太の源氏名が愛汁(えちる)に決定

心機一転、歌舞伎町の老舗ホストクラブ「愛本店」で三崎愛汁(えちる)としてNo1を目指すそうです。


お店の源氏名をTwitterで募集したんですね。

「青汁王子」と呼ばれたところから、「愛汁」になったんでしょうが読み方が「えちる」だそうです。

スポンサーリンク

【青汁王子】三崎優太に会えた「愛本店」はどこ?

ホストクラブ新宿「愛本店」
ホストクラブ発祥のお店。1971年にオープンし、現在はホスト総勢60人以上が在籍。
日本一有名なホストクラブで古い歴史ある名店。
看板がデカイのでとにかく目立ってる
お客さんの評判では、金はかかるが金に見合うサービスのお店だそうです。

Google Map


東京都新宿区歌舞伎町2-22-5叙々苑第2ビル

営業時間:19:00~0:45
初回料金:90分5000円
定休日:木曜/1日
TEL:03-3208-6435

スポンサーリンク

【青汁王子】三崎優太に会いに来る様々な人々

ホストになったばかりの三崎優太さんに、会いに来る人様々な人々がいます。

彼のファンの女性達はもちろんのこと、やはりそのスター性に惹かれて。

同業者の他店ホストクラブからの引き抜き目当ての客、はたまた将来の議員候補スカウトに「ぶっ壊すで有名な」あの人が来たのでしょうか、おでこのステッカーと「ヤバい人きた」のコメントが気になりますね。


やはり、この人でした。「NHKから国民を守る党」党首の立花孝志議員でした。

それにしても、立花孝志議員は情報と立ち回りが早い。さすがですね。

何年後か、国会議員三崎優太が誕生するかもしれません。

スポンサーリンク

【青汁王子】三崎優太がホストに転身。愛本店の場所や源氏名は?(画像あり) まとめ

20代で年商130億円、年収12億円の「青汁王子」として多数のメディアに出演していた

イケメンの社長、三崎優太さんが脱税で逮捕・起訴。

社長を辞めざるを得なくなり、個人への支払い義務として約4億円の借金を抱える。

飲食店で働きたいと、焼き鳥屋でアルバイトを始めるも数ヶ月でクビになり。

心機一転、新宿の老舗ホストクラブ「愛本店」でホストデビュー。

「愛本店」:東京都新宿区歌舞伎町2-22-5叙々苑第2ビル TEL:03-3208-6435

追記:ホストになったばかりの三崎優太さんでしたが、8/25(日)に「愛本店」を辞めてしまいました。残念です。

RELATED POST